味噌は味噌汁だけじゃなくそのまま食べると効果的

味噌は大豆を発酵させて作った代表的な日本の発酵食品ですが、多くの方は味噌汁として日々味噌を食べていると思います。味噌の中にはイソフラボンや各種ビタミンなどたくさんの栄養素が詰まっているので毎日飲む味噌汁は健康にとても良いのですが、味噌に含まれる酵素や植物性の乳酸菌は熱に弱いため、味噌汁ではそれらを上手に摂取することが出来ません。

具を先に煮ておいて少し冷めてから味噌を入れればいくらか効果的かもしれませんが、ぬるい味噌汁を飲むことに耐えられない人には、味噌をそのまま摂取することをおススメします。一番先に思い浮かぶのはキュウリや人参などの野菜にそのまま味噌を付けて食べる方法。これはとにかく手っ取り早くて誰でもできます。少し工夫をしてドレッシングを作る際に味噌を混ぜた味噌ドレッシングを作ってみるのも良い方法です。

そして乳酸菌ダブルパワーということで、味噌とヨーグルトを同量混ぜて野菜を漬けこんだ即席の漬物は、大した手間もかからず簡単にできて毎日食べる事ができるのでおススメな食べ方です。
benpi5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です