納豆菌の効果と納豆を使った食べ方

納豆菌の効果として、納豆菌が直接的に腸内環境を良くして便秘を防止したり、血糖値のコントロールにも役立っています。納豆に関しては子供の時から毎日食べていたので、血糖値を調整する事によって糖尿病などの病気を引き起こさないで済みました。
benpi6
毎日食べている納豆の食べ方としては、醤油やネギなどを混ぜた納豆を基本的にご飯の上に乗せて食べています。食欲不振などでご飯などが食べられなくても、健康維持の為にスーパーマーケットなどで販売されている納豆の1パック分に入っている納豆に醤油などを掛けて、そのまま食べる事が多いです。

最近は朝食に納豆を掛けたご飯にキムチを付け足す事で、納豆菌と乳酸菌の相乗効果によって体の中にある悪玉菌を排除する事で、様々な病気に掛からなくなりました。悪玉菌を排除するだけではなくて、免疫機能の増加によって病気になりにくい状態です。キムチと納豆で健康のバランスを取れる事によって、快適に日常生活を送れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です