味噌は味噌汁だけじゃなくそのまま食べると効果的

味噌は大豆を発酵させて作った代表的な日本の発酵食品ですが、多くの方は味噌汁として日々味噌を食べていると思います。味噌の中にはイソフラボンや各種ビタミンなどたくさんの栄養素が詰まっているので毎日飲む味噌汁は健康にとても良いのですが、味噌に含まれる酵素や植物性の乳酸菌は熱に弱いため、味噌汁ではそれらを上手に摂取することが出来ません。

具を先に煮ておいて少し冷めてから味噌を入れればいくらか効果的かもしれませんが、ぬるい味噌汁を飲むことに耐えられない人には、味噌をそのまま摂取することをおススメします。一番先に思い浮かぶのはキュウリや人参などの野菜にそのまま味噌を付けて食べる方法。これはとにかく手っ取り早くて誰でもできます。少し工夫をしてドレッシングを作る際に味噌を混ぜた味噌ドレッシングを作ってみるのも良い方法です。

そして乳酸菌ダブルパワーということで、味噌とヨーグルトを同量混ぜて野菜を漬けこんだ即席の漬物は、大した手間もかからず簡単にできて毎日食べる事ができるのでおススメな食べ方です。
benpi5

漬け物には乳酸菌も入っているから…

漬け物には乳酸菌も入っているから、おならが出て困るようなことがあったときには、少しだけ漬け物を食べるといいんですよ。
腸内環境が良くなります。
麹菌とか、いろんなものが含まれていて、栄養価も普通の人参を食べるのと、漬け物にした人参を食べるのでは、栄養価は、なんと!3~4倍も変わるんですよ。
だから、昔の人は、ぬか床なんかも大切にしたわけです。
あそこに、ナスとか(なすの場合はさびた釘を入れることで、化学反応を起こしてあの美しい紫になる)人参、大根、きゅうりなど、楽しく漬け込みましょう。
ぬか床でなくても、とてもおいしく漬けられる方法がいくつもあるから、少し漬け物を自分でつけられるように勉強した方がいいですよ。

甘酢にカブのスライスやカット昆布を漬けてもいいし、ビンに入れて、ふたをきっちり閉めれば、食べ終わっても洗った後、容器ににおいが残りません。
だから、コーヒーのビンとか、あんまりバンバン捨てない方がいいですよ。
漬け物には調度いいので。ふたがきちんと閉まるから、夏にアリに入られる心配もないし…
甘酢の漬け物だと、子供たちが食べた後なんかは、きっちりふたが閉まるものでないと、いつの間にかアリがたかってた…とか、不測の事態になることだってあり得ますからね。
benpi4
外で買うお弁当に少しだけしか漬け物がついてなくても平気なのは、なんか、物足りないけど、漬け物は少しでも栄養が高いからです。