子供でも食べる納豆ごはんレシピ

benpi10
納豆これはめっちゃおいしい食べ物です。我が家の子供でもいっぱい食べてしまう納豆の作り方です。まず納豆にたまごそれからかつおぶしそしてねぎ大盛りみじん切りそして味の素いれて醤油最後にのりをぱらぱらそして一気にぐるぐるかき混ぜます。とろ~りしたら出来上がりそれをそのままご飯にぶっかけます。おかずがいらなくてもいけるほどおいしいです。

あときのこの単品などもいいです。これはアルミホイルにバターをぬってきのこ例えばエリンギとかしめじとかなんでもあるものでいいです。それにネギいれてポン酢を少しかけてオーブントースターに入れます。5分くらいたったら出来上がりその上にすっておいた大根をのせますあと最後に七味をふりかけて完成です。納豆ときのここの2種類でおいしく食事できます。

一度試してみてください。やみつきになり一押しです。きのこはカロリーも少なくからだにいいと思います。あと大根は胃にやさしく消化にいいと聞いています。毎日でも飽きません。

きのことキャベツともやしの簡単蒸し料理

菌活とは、身体にいい菌を積極的に食生活で摂るようにすることです。菌は主に、きのこ類や、納豆、ヨーグルト、チーズ、ぬか漬け、みそ、キムチなどの発酵食品などに多く含まれています。

その中で、きのこを使った手軽な調理法をご紹介します。用意するものは、エリンギ、まいたけ、ぶなしめじ、しめじ、しいたけなどのお好きなきのこ類と、キャベツ、もやしです。

作り方は簡単です。材料を並べて蒸すだけです。フライパンにキャベツを敷き、その上にもやしきのこ類を広げて並べます。そして、そのまま弱火で材料全体がしんなりするまでフタをして蒸します。タジン鍋がある方が、そちらで蒸した方がより美味しくできます。また、電子レンジでチン5~6分ほどチンして蒸してもできます。あとは、お好みのドレッシングをかけて出来上がりです。
benpi9
野菜ときのこだけだと物足りないと感じる人は、豚バラ肉を一番下に敷いてボリュームを出すこともできます。豚バラの脂がいい味を出してくれます。

朝からブナシメジを食べて菌活

菌活を知ったのは今から1年前です。テレビの情報番組で紹介されていたのがきっかけでした。キノコ類は体の免疫力を高めるので、朝食べるのが良いとの事。とても興味を持ったので翌日から実践してみました。朝からエリンギのバターソテーやブナシメジの和風パスタなどキノコ類を使った料理を作り、現在も食べています。その中で一番オススメなのがブナシメジのピザトーストです。作り方は、まず食パンに焼肉のタレを塗ります。その上にブナシメジ、タマネギのスライスとピザ用チーズをのせてトーストするだけ。これだと手間がほとんどかからないので、忙しい朝でも簡単に作れます。味も焼肉のタレとチーズのハーモニーにブナシメジとタマネギがとても合います。

ブナシメジはビタミンDと食物繊維が多いので整腸作用があります。また、免疫機能を高める物質やガンを抑制する作用があるといわれているので、菌活にとても良い食材です。興味をお持ちの方は1度作ってみてはいかがでしょうか。
benpi8

ヨーグルトは手軽に始められる菌活!

benpi7
菌活という言葉を最近よく耳にします。腸がきれいだと美容と健康にいいそうです。ヒトに良い作用をもたらす微生物の入った発酵食品は腸に作用していいことだらけ!
手軽に始められるのはヨーグルトではないかと思います。ヨーグルトといっても種類がたくさんあってそれぞれの商品に入っている菌はそれぞれ違います。いろいろな種類を試しながら自分に合った商品や好きな商品を見つけていけばいいと思います。

オススメの食べ方ですが、ヨーグルトは普通に何もかけずに食べるのが一番おいしいと思います。最初はすっぱい、食べにくい、といった感覚になりますが慣れると何もなしでも食べれるようになります。それぞれの商品の味の微妙な違いも感じることができて楽しいです。

それでも苦手な方はハチミツやオリゴ糖など、砂糖ではない体に良いもので甘味をつけるといいです。フルーツを入れてもいいと思います。

食べるタイミングですが、小腹が減った時がオススメです。おやつを食べるよりカロリーも低いし体にもいいのでダイエットにもつながります。

納豆菌の効果と納豆を使った食べ方

納豆菌の効果として、納豆菌が直接的に腸内環境を良くして便秘を防止したり、血糖値のコントロールにも役立っています。納豆に関しては子供の時から毎日食べていたので、血糖値を調整する事によって糖尿病などの病気を引き起こさないで済みました。
benpi6
毎日食べている納豆の食べ方としては、醤油やネギなどを混ぜた納豆を基本的にご飯の上に乗せて食べています。食欲不振などでご飯などが食べられなくても、健康維持の為にスーパーマーケットなどで販売されている納豆の1パック分に入っている納豆に醤油などを掛けて、そのまま食べる事が多いです。

最近は朝食に納豆を掛けたご飯にキムチを付け足す事で、納豆菌と乳酸菌の相乗効果によって体の中にある悪玉菌を排除する事で、様々な病気に掛からなくなりました。悪玉菌を排除するだけではなくて、免疫機能の増加によって病気になりにくい状態です。キムチと納豆で健康のバランスを取れる事によって、快適に日常生活を送れています。

味噌は味噌汁だけじゃなくそのまま食べると効果的

味噌は大豆を発酵させて作った代表的な日本の発酵食品ですが、多くの方は味噌汁として日々味噌を食べていると思います。味噌の中にはイソフラボンや各種ビタミンなどたくさんの栄養素が詰まっているので毎日飲む味噌汁は健康にとても良いのですが、味噌に含まれる酵素や植物性の乳酸菌は熱に弱いため、味噌汁ではそれらを上手に摂取することが出来ません。

具を先に煮ておいて少し冷めてから味噌を入れればいくらか効果的かもしれませんが、ぬるい味噌汁を飲むことに耐えられない人には、味噌をそのまま摂取することをおススメします。一番先に思い浮かぶのはキュウリや人参などの野菜にそのまま味噌を付けて食べる方法。これはとにかく手っ取り早くて誰でもできます。少し工夫をしてドレッシングを作る際に味噌を混ぜた味噌ドレッシングを作ってみるのも良い方法です。

そして乳酸菌ダブルパワーということで、味噌とヨーグルトを同量混ぜて野菜を漬けこんだ即席の漬物は、大した手間もかからず簡単にできて毎日食べる事ができるのでおススメな食べ方です。
benpi5

漬け物には乳酸菌も入っているから…

漬け物には乳酸菌も入っているから、おならが出て困るようなことがあったときには、少しだけ漬け物を食べるといいんですよ。
腸内環境が良くなります。
麹菌とか、いろんなものが含まれていて、栄養価も普通の人参を食べるのと、漬け物にした人参を食べるのでは、栄養価は、なんと!3~4倍も変わるんですよ。
だから、昔の人は、ぬか床なんかも大切にしたわけです。
あそこに、ナスとか(なすの場合はさびた釘を入れることで、化学反応を起こしてあの美しい紫になる)人参、大根、きゅうりなど、楽しく漬け込みましょう。
ぬか床でなくても、とてもおいしく漬けられる方法がいくつもあるから、少し漬け物を自分でつけられるように勉強した方がいいですよ。

甘酢にカブのスライスやカット昆布を漬けてもいいし、ビンに入れて、ふたをきっちり閉めれば、食べ終わっても洗った後、容器ににおいが残りません。
だから、コーヒーのビンとか、あんまりバンバン捨てない方がいいですよ。
漬け物には調度いいので。ふたがきちんと閉まるから、夏にアリに入られる心配もないし…
甘酢の漬け物だと、子供たちが食べた後なんかは、きっちりふたが閉まるものでないと、いつの間にかアリがたかってた…とか、不測の事態になることだってあり得ますからね。
benpi4
外で買うお弁当に少しだけしか漬け物がついてなくても平気なのは、なんか、物足りないけど、漬け物は少しでも栄養が高いからです。

優れたバランス栄養食材のしいたけで…

benpi3
しいたけがとても優れていることをあまりみんなは知りません。
でも、野菜が持つ栄養成分のほとんどをバランス良く持っている優れ物なんですよ!
しいたけは菌です。
ですから、この菌を利用しない手はないです。
菌であるが故に、ものすごい力になってくれるわけですから…
野菜を全然食べられないほど、忙しい日があってもしいたけを食べれば大丈夫!
そのくらいすごいですよ!

栄養成分表を見たら、ハッキリわかります。
そういった栄養成分表は、一冊買い置きがあるといいですね。
本屋なら実用書の棚で見つかるでしょう。

まず、確実にみんなが大好きなのは、寿司ですよ。
これの中でもバラ寿司は、最高に人気です。
特にサラリーマンなどは、一番家庭料理の中ではこれが好き!というデータも出ています。(新聞より)

ですから、そのような家庭料理には、しいたけを刻み、甘く煮込んでしっかり使ってあげましょう。
とにかく、お酢も体の中のカビを殺すから、食べた後、すごく元気になれますよ。
子供にも老人にも優しいバラ寿司。
こういう日を時々作ってあげるといいですね。

お味噌汁もしいたけを使うようにするといいですよ。
この時には海草類のわかめも入れます。
海草類はアルカリ性なので、人間の弱アルカリ性をキープする優秀なものです。
天ぷらにもしいたけを食べやすいように半分に切ったりして揚げるとかなりバランスのとれた天ぷらになっていいでしょう。